サイトマップ メール home

写真と文 石川文平

 

プロセス写真製版DTPテクニック

 

印刷用データ出力トラブル一覧

■トラブル ★原因 ▲解決策
■記号が文字化けする。
★外字コードナンバーのズレによる文字化け。
★市販外字フォントの使用。
▲文字化け一覧を作成し、問題のない文字を使用。
■文字が出力されない。
★同じフォントが出力機にインストールされていない。
★出力機のフォントにトラブルがある。
★アプリケーションソフトでプリンターフォント設定の仕方に問題がある。
▲事前確認
■文字がギザギザになる。
★出力機側にPostScriptフォントがインストールされていない。
★PhotoShopのようなペイントソフトを使用した場合。
▲事前確認。
▲PostScriptフォントのインストール。
▲Illustratorでアウトライン化してEPS保存。
■文字が一部分化けたり空白になってしまう。
★出力機に同一フォントが入力されていない。
▲同一フォントのインストール。
▲書体の変更。
■文字や罫線がプリンターでは正しく出力したのに、セッターでは正しく出ない。
★出力機に同一フォントまたは、高解像度フォントが入力されていない。
★低解像度出力機と高解像度出力機の精度の違い。
▲適正フォントのインストール。
▲書体の変更。
▲罫線の指定や、作成方法の変更。
■線数が指定通りに出力されない。
★ハーフトーンスクリーンの設定が正しく行われていない。
★解像度の指定が誤っている。
▲設定のし直し。
■画像が正しく出力されない。
★解像度の指定の誤り。
★出力用本データで画像処理をしていない。
★間引きデータの作成が正しく行われていない。
▲指定の確認。
▲設定のし直し。
■トンボが正しく出ない
★自動トンボ設定の指定間違え。
★トンボの色を指定していない。
★墨版だけにしかトンボを入れていない。
▲指定の確認。
▲アプリケーションソフトの確認。
■4色分解版を出力したいのに特色版になってしまう。
★アプリケーションソフトの指定が正しくない。
▲プロセスカラー分解指定を正しく行う。
■モニターで制作した色と出力した色が違う。
★ハードの個体差。
▲カラー・キャリブレーションの設定。
■カンプ出力と校正刷りの色が違う。
★発色システムの違い。
▲カンプ出力機種の選択。
▲カンプ出力機のキャリブレーションの設。
  

 

*このHome pageに掲載している写真及び文章の著作件は
石川文平に帰属します。無断転載を禁じます。